Questionmark Perception
Sep 28 2021 |
Logged in as : candidate
Change font size

Introduction

はじめに

これは EXIN DevOps Foundation 試験 の模擬試験です。この試験はEXIN試験の規則および規定を適用します。

この試験では40問が多肢選択形式で出題されます。特に明記しない限り、各問題には、選択肢が複数ありますが、そのうち正解は1つのみです。各問題には、選択肢が複数ありますが、そのうち正解は1つのみです。

この試験の最高点は40点です。正解1つにつき1点とします。26点以上獲得すると合格となります。

試験時間は60分です。

ご健闘を祈ります。





Copyright © EXIN Holding B.V. 2019. All rights reserved.
EXIN® is a registered trademark.

Question

1  of 40
組織がDevOpsに注目するようになる理由はたくさんあります。

どのような場合に、企業はDevOpsに注目するようになりますか?

Question

2  of 40
バックログアイテムを検討するとき、DevOpsチームが考慮すべき要件とは何ですか?

Question

3  of 40
明確な完了の定義(DoD)はDevOpsにおいて不可欠であり、顧客にとっての価値が考慮されます。

DevOpsにおける完了の正しい説明はどれでしょうか?

Question

4  of 40
タスクには優先順位付けを行う必要があります。 この優先順位付けはバリューストリーム(価値の流れ)の入口にある待ち行列で行われます。

この優先順位付けでしばしば問題を引き起しますが、その理由はなぜですか?

Question

5  of 40
DevOpsで「バリューストリーム(価値の流れ)」という概念がとても重要である理由は何でしょうか?

Question

6  of 40
「デプロイメント・パイプライン」という概念の由来になっているアイデアはどれでしょうか?

Question

7  of 40
DevOpsでは、迅速な移行とアプリケーションの信頼性の維持の適切なバランスを見つけることが重要です。

バージョン管理はこれをどのような方法でサポートしますか?

Question

8  of 40
米国立標準技術研究所(NIST)がクラウドコンピューティングに不可欠な特性として挙げていないのはどれでしょうか?

Question

9  of 40
DevOpsでプロセスの欠陥が見つかった場合、どうすべきでしょうか?

Question

10  of 40
バリューストリーム・マップ(価値の流れ)は、バリューストリームにある効率の悪い所を明らかにします。

バリューストリーム・マップを作成するべき理由は何でしょうか?

Question

11  of 40
DevOpsは、リーン生産方式の原則とプラクティスを多く取り入れています。ITの中でのムダの1つが、「タスク切り替え」です。

これはリーン生産方式のどのムダを、ITの世界に言い換えたのでしょうか?

Question

12  of 40
DevOpsチームが長期にわたって一緒に働くことの利点は何でしょうか?

Question

13  of 40
各組織は、その組織で活用するDevOpsのプラクティスを選択してカスタマイズするよう推奨されています。組織に固有の問いを提起し、組織固有の答えを見つける必要があります。

これが妥当なアイデアである理由は何でしょうか?

Question

14  of 40
仕掛(WiP)を制限する理由にならないのはどれでしょうか?

Question

15  of 40
独自のソフトウェアの開発には時間がかかるため、必要な結果を迅速に得るために、商用オフザシェルフ(COTS)が使用されます。

COTSの正しい説明はどれでしょうか?

Question

16  of 40
アジャイルの誤った考え方はどれでしょうか?

Question

17  of 40
構成管理によって、作業員の人員を増やすことなく、ITインフラストラクチャやソフトウェアシステムをスケール(規模の拡大)させることが可能になります。

そのようにスケールされた(拡張された)システム環境では、理想的にはどのように変更が行われるべきでしょうか?

Question

18  of 40
ある会社では、製品を市場へ投入するまでの時間(time-to-market)を数年から数ヶ月へ短縮したいと考えています。ある従業員がDevOpsの手法を検討するべきであると提案しています。

DevOpsへ変化することで、この時間を短縮できる理由は何でしょうか?

Question

19  of 40
DevOpsが組織にもたらす大きな利点はどれでしょうか?

Question

20  of 40
DevOpsチームにとって、動くソフトウェアの開発とデリバリーを成功させるための手段とならないものは、どれでしょうか?

Question

21  of 40
バリューストリーム・マップ(価値の流れ)の最も価値のある情報は、3つの重要な指標(メトリクス)から得られます。

これら3つの重要な指標の1つはどれでしょうか?

Question

22  of 40
優れたバージョン管理システムは、DevOpsにおける高いパフォーマンスを予測する最大の要素の1つです。

バージョン管理を適切に適用するには、何が必要でしょうか?

Question

23  of 40
組織的および技術的な変更にDevOpsを使用することで、カオスや制御不能に陥る可能性があるのは、どのような場合でしょうか?

Question

24  of 40
DevOpsの登場を振り返ってみたとき、ソフトウェア開発の関係者間の新たな取り組み方や会話の仕方によって、新たなITマネジメント方法が必要になってきました。その結果としてDevOpsが誕生しました。

この新しいやり取りの方法を見つけた関係者はだれでしょうか?

Question

25  of 40
DevOpsを採用する際、困難を引き起こす可能性があるのはどれでしょうか?

Question

26  of 40
DevOpsプラクティスでは、運用管理のレベルを上げる最適な方法とされているのは、どれでしょうか?

Question

27  of 40
DevOpsへ切り替えると、ITに対するより大きな利益が期待されます。

DevOpsは、アジャイル、スクラム、リーンと何が違っているでしょうか?

Question

28  of 40
ある組織が、従来型のITインフラストラクチャを利用しており、DevOpsを導入したいと考えています。

このような組織において、一般的なアプローチはどれでしょうか?

Question

29  of 40
あるITシステムが、多くの従業員によって、単一のエンティティとして(単一のシステムを単一の開発体制で)、今も開発/維持されています。

DevOpsプラクティスの採用にあたって、どのような困難が予想されるでしょうか?

Question

30  of 40
DevOpsにおけるインシデントの解決方法はどれでしょうか?

Question

31  of 40
DevOpsでは、現行作業の可視化(見える化)が推奨されています。

可視化によって実現される2つの目標とはどれでしょうか?

答えを2つ選んでください。

Question

32  of 40
ある会社が、継続的デプロイメントを実装しています。

新機能のリリース時期を誰が決定するべきでしょうか?

Question

33  of 40
技術的負債を軽減する2つの一般的な方法とはどれでしょうか?

Question

34  of 40
デプロイメント・パイプラインを導入する際は、いろいろな問題が発生します。まず最初に、本番稼働環境で安定した運用を保証するために、事前に準備開発された十分なテストを実施することができません。

どの解決策がもっとも効果的にこの問題に対処できるでしょうか?

Question

35  of 40
従来のプラクティスでは、変更点が文書化されていない、システムが完全にバックアップされていない、またはシステムの以前の状態が保存されていないなど、リリースの段階で多くの問題が発生する可能性があります。

DevOpsは、 これらの問題を発生させずにどのようにして頻繁なリリースを可能としますか?

Question

36  of 40
バリューストリーム・マップ(価値の流れ)の最初の手順は何でしょうか?

Question

37  of 40
密結合またはモノリシックのITアーキテクチャーで困難なのは何でしょうか?

Question

38  of 40
チームは1週間のイテレーション(反復)で作業を進めており、ボトルネックが頻繁に発生しています。

ボトルネックが明らかになった後の最も適当な対応はどれでしょうか?

Question

39  of 40
DevOpsはアジャイルの一部であるという考え方もあります。

DevOpsであれば答えが得られるものの、アジャイルでは答えが得られない質問はどれでしょうか?

Question

40  of 40
構成管理にはどのようなメリットがあるでしょうか?