Questionmark Perception
2 月 28 2021 |
ログイン ユーザー : candidate
フォントサイズの変更

紹介

はじめに

これは VeriSM™ Foundation (VERISMF.JP) のサンプル試験です。この試験はEXIN試験の規則および規定を適用します。

本試験は選択式の問題が40 問で構成されます。各問題には、選択肢が複数ありますが、そのうち正解は1つのみです。

この試験で取得できる最大点数は40点です。各正解には1点の価値があります。試験に合格するには26点以上が必要です。

本試験の制限時間は60分です。

ご健闘をお祈りいたします。





Copyright © EXIN Holding B.V., 2021. All rights reserved.
EXIN® is a registered trademark.
VeriSM™ is a registered trademark of IFDC.
SIAM™ is a registered trademark.

クエスチョン

1  / 40
シャドウビヘイビアの説明として最も適切なものはどれか。

クエスチョン

2  / 40
組織におけるガバナンスの流れはどれか。

クエスチョン

3  / 40
新たな技術は、組織内で変化につながった。

その変化の1つの例はどれか。

クエスチョン

4  / 40
デジタルトランスフォーメーションでは、組織内でサービスマネジメントに対する新たなアプローチが必要となる。

サービスマネジメント原則のオーナシップは、組織のどこにあるか。

クエスチョン

5  / 40
組織カルチャの説明として最も適切なものはどれか。

クエスチョン

6  / 40
サービスカルチャ作りの要素として最も重要なものはどれか。

クエスチョン

7  / 40
リーダの役割の主要な活動は何か。

クエスチョン

8  / 40
エモーショナルインテリジェンスは、対人的と社会的の2つの主要なコンピテンシを定義する。

社会的コンピテンシに属する2つのスキルはどれか。

クエスチョン

9  / 40
ナレッジの広さも深さも兼ね備えているべきプロフェッショナルの名称は何か。

クエスチョン

10  / 40
チーム形成の最後のステージは何か。

クエスチョン

11  / 40
チームがサイロの中で活動するかもしれないという課題がある。

この課題を克服するためにマネジメントがすべき推奨事項は何か。

クエスチョン

12  / 40
期待管理の成功は、何を期待されているかの明確なビジョンを作成することに依存している。

この明確性を達成するには、どうすればよいか。

クエスチョン

13  / 40
コミュニケーションで考慮されるべき5つのコンポーネントのうち1つはどれか。

クエスチョン

14  / 40
コッターの組織的なチェンジマネジメント(OCM) モデルにおいて、最初の重要なステップは何か。

クエスチョン

15  / 40
VeriSM™モデルの要素うち、ガードレールあるいは境界を提供することでガバナンス要件を満たすために必要なマネジメント活動またはプラクティスを定義するものはどれか。

クエスチョン

16  / 40
新たな製品やサービスの展開に続いて、サービスプロバイダは消費者が利用中に継続的なサポートを提供する。

どのVeriSM™モデルの要素が、このサポートの提供を記述しますか。

クエスチョン

17  / 40
VeriSM™が伝統的なサービスマネジメントを再定義する理由として主要なものは何か。

クエスチョン

18  / 40
VeriSM™と他のITサービスマネジメントアプローチを区別するものは何か。

クエスチョン

19  / 40
VeriSM™は「マネジメントメッシュ」のコンセプトを導入する。これは、リソース、マネジメントプラクティス、環境、エマージング技術の4要素を組み合わせ、製品とサービスを創造し、提供する。

ITILなどのフレームワークまたはCOBITなどの方法論を含めるべき要素はどれか。

クエスチョン

20  / 40
マネジメントメッシュは、組織のガバナンスとサービスマネジメント原則が理解されて初めて構築可能となる。

メッシュが構築される前に他に開発しなければならないものは何か。

クエスチョン

21  / 40
VeriSM™モデルにおけるDefineステージの目標は何か。

クエスチョン

22  / 40
テストがProduceステージの重要な一部である理由はなぜか。

クエスチョン

23  / 40
Provideステージを構成する活動はどれか。

クエスチョン

24  / 40
Respondステージの「記録」活動で行うことは何か。

クエスチョン

25  / 40
VeriSM™モデルを適応させるためのハイレベルプロセスを説明する手順はどれか。

クエスチョン

26  / 40
VeriSM™モデルのDefineステージは、優れたサービスの外観を定義する。

この活動が行われるプロセスはどれか。

クエスチョン

27  / 40
サービス測定の目標はどれか。

クエスチョン

28  / 40
組織が急成長しているため、全プロセスの再検討を求めている。そこでテストのリスクが高すぎることに気づいた。インテグレーションとテストのエラーの発見が遅れることによるエラー修正のコストを最小限に抑えたい。

このイシューに対処できるマネジメントプラクティスとして最適なものはどれか。

クエスチョン

29  / 40
アジャイルは、どのようにサービスマネジメントを支援できるか。

クエスチョン

30  / 40
DevOpsは、どのようにしてサービスマネジメントプラクティスを前進させるか。

クエスチョン

31  / 40
サービスインテグレーション&マネジメント(SIAM)において、消費者とプロバイダの間にある層は何か。

クエスチョン

32  / 40
リーンでは、無駄の種類が区別されている。

「カスタマが必要とされる以上の品質レベルで生産する」種類の無駄はどれか。

クエスチョン

33  / 40
Shift Leftとは、ソリューション開発、デリバリ、サポートのライフサイクルにおいて、より前のステージに前倒しし、効率性やコストの節約、カスタマ重視の向上を得るアプローチである。

Shift Leftの特徴でない活動はどれか。

クエスチョン

34  / 40
カスタマジャーニマップ作成の最初の手順は何か。

クエスチョン

35  / 40
継続的デリバリは、どのようにして変更コントロールプロセスにプラスのインパクトを与えるか。

クエスチョン

36  / 40
テクノロジは目まぐるしく変化し、サービスマネジメントにとって大きな課題をもたらしている。

サービスマネジメントについて識別された一般的な課題は何か。

クエスチョン

37  / 40
クラウドのベネフィットとして主要なものはどれか。

クエスチョン

38  / 40
組織はSaaSソリューションを利用して新たなモノのインターネット(IoT)モニタリングデバイスをコントロールすることを決定します。

サービスマネジメントの視点から検討すべき最も重要なものはどれか。

クエスチョン

39  / 40
サービスマネジメントプロセスにおけるロボティックプロセスオートメーション(RPA)の利点は何か。

クエスチョン

40  / 40
組織が火消しモードを打破し、プロアクティブモードに移りたいと考えている。

VeriSM™モデルの要素のうち、最初に焦点を合わせるべきことはどれか。