Questionmark Perception
Oct 23 2021 |
Logged in as : candidate
Change font size

Introduction

はじめに

これは EXIN DevOps Professional (DEVOPSP.JP) のサンプル試験です。この試験はEXIN試験の規則および規定を適用します。

本試験は選択式の問題が40 問で構成されます。各問題には、選択肢が複数ありますが、そのうち正解は1つのみです。

この試験で取得できる最大点数は40点です。各正解には1点の価値があります。試験に合格するには26点以上が必要です。

本試験の制限時間は90分です。

ご健闘をお祈りいたします。





Copyright © EXIN Holding B.V. 2020. All rights reserved.
EXIN® is a registered trademark.

Question

1  of 40
アジャイル・マニフェストの原則はどれですか?

Question

2  of 40
三つの道のうち、「日々の業務の改善を制度化する」を含むのはどれですか?

Question

3  of 40
システム・オブ・エンゲージメント(SoE)とシステム・オブ・レコード(SoR)の変更に関するペース面での違いは何ですか?

Question

4  of 40
開発とオペレーション(運用)に共有ツールを使わせるとどのような利点がありますか?

Question

5  of 40
オペレーション(運用)の能力を開発チームにうまく統合すると、両方の効率性と生産性が高まり、マーケット志向がさらに高い結果を生み出すことができます。

これを達成するのに最適なアプローチはどれですか?

Question

6  of 40
ある銀行では、オペレーションエンジニアが新しい環境を構築するのに遅れが生じたため、新製品または改良した製品を市場に出すまでの期間を延長する必要があります。

環境の自動構築について正しいのはどれですか?

Question

7  of 40
バリューマップのプロセスブロックに含めなければならない価値はどれですか?

Question

8  of 40
DevOpsでビジネスに対するリスクを最小限にするためのバージョン管理の主要な目標はどれですか?

Question

9  of 40
あるITチームは、DevOpsの導入を進めるために実施するべき変更をレビューするために集まりました。チームメンバーはDevOpsに適合した完了基準(DoD)について合意する必要があります。

DevOpsに適合する完了基準(DoD)はどれですか?

Question

10  of 40
環境の構築と構成を自動化するのに最適なツールはどれですか?

Question

11  of 40
自動化テストセットの設計目標の一つは、テスト中にできるだけ早くエラーを検出することです。理想のテスト自動化ピラミッドにはテスト実施の正しい順番が示されています。

最初に実施しなければならないのはどのテストですか?

Question

12  of 40
あるDevOpsチームはテスト駆動開発(TDD)を使ってベロシティを高めたいと考えています。

作業の正しい順番はどれですか?

Question

13  of 40
ある保険会社は、DevOpsプロフェッショナルを雇用して、分岐戦略の選択について社内のDevOpsチームに助言をするよう依頼しました。DevOpsプロフェッショナルは2つの戦略を評価しました。

1. 個人の生産性の最適化
2. チームの生産性の最適化

この2つの戦略についての正しい記述はどれですか?

Question

14  of 40
ある小売企業は開発プロセスをウォーターフォールからDevOpsへと抜本的に変更しました。短期間に多くの決定をしなければならなかったため、いくつかの技術的負債が起きています。例えば、市場に出るまでの時間は大幅に増加しました。しかし、大半の遅れを解決する方法があります。

バリューストリームマッピングによると、別々のコードブランチに置かれているコードのポーティングにスプリントタイムの20パーセントが費やされています。

このような技術的負債に対してフロー(流れ)を早くするためのソリューションはどれですか?

Question

15  of 40
生産性、テスト容易性、安全性をもたらすアーキテクチャーの特性はどれですか?

Question

16  of 40
DevOpsで問題を解決するのに最適な遠隔計測手法はどれですか?

Question

17  of 40
モニタリング(監視)フレームワークでは、3つのレイヤーからデータを収集する必要があります。

3つのレイヤーに含まれないのはどれですか?

Question

18  of 40
遠隔計測へのセルフサービスのアクセスの価値を享受できる対象者は誰ですか?

Question

19  of 40
テスト作業、迅速なデプロイメント・プロセス、十分な遠隔計測を自動化した環境において、ビジネスに最も多くのDevOpsによる利点を提供する技術はどれですか?

Question

20  of 40
あるソフトウェア会社は以下のローンチ準備ガイドの要件を作成しました。
  • 欠陥の数および重要度:アプリケーションは設計通りに動作するか?
  • モニタリング範囲:モニタリングの範囲は、問題が起きた場合にサービス復旧をするのに十分か?
  • システムアーキテクチャー:密結合されたサービスは、本番環境での頻度の高いインシデントを解決するのに十分か?
  • 呼び出しアラートの種類と頻度:アプリケーションは本番環境で対応できない数のアラートを生成しているか?

これらのローンチ準備ガイドの要件のうち、DevOpsの作業方式に適合しないものはどれですか?

Question

21  of 40
引き継ぎ準備調査(HRR)だけの特性であり、ローンチ準備調査(LRR)の特性ではないのはどれですか?

Question

22  of 40
コンテキスト調査(文脈的質問法)は、インタラクションとUX(ユーザー体験)設計で使われる最も効果的な手法の一つです。

コンテキスト調査に最も当てはまる

Question

23  of 40
ベンチャー企業のABC社は、ユーザーの期待に応えるモバイルナビゲーションアプリの機能を開発するにあたって深刻な課題に直面しています。

そのユーザー体験(UX)型モバイルナビゲーションアプリに関して機能がユーザーの期待にぴったり合っていることを確認する最適な方法はどれですか?

Question

24  of 40
望ましいビジネス成果の達成を支援するために開発チームが使えるアプローチはどれですか?

Question

25  of 40
ABC社は、自社の給与(支給)アプリケーションのコード変更の影響が予想できるある課題に直面しています。現在、実装されたコード変更は十分に文書化がされていません。例えば、最後のコード修正は「給与(支給)アプリケーションの問題1801番を修正」と記録されています。同社はこれが不適切なプルリクエストであることに気づきました。

適切なプルリクエストには以下が含まれています。
  • 修正を実装する理由は何か?
  • 修正を実装するのは誰か?

この他に適切なプルリクエストに含まれていなければならないのは次のどれですか?

Question

26  of 40
以下のシナリオを検討してください。

「開発者はコードのウォークスルーを行い、同僚がフィードバックを与える」

これはどのレビュー手法の説明ですか?

Question

27  of 40
コーディングエラーを減らすのに直接つながるレビュー手法はどれですか?

Question

28  of 40
あるクラウドサービスプロバイダは、サル軍団(The Simian Army)を使って自社のサービスのキャパシティを増やしたいと考えています。

この場合に必要なのはどのサルですか?

Question

29  of 40
ABC社はDevOpsの作業方式を導入しているところで、オープンで非難のない学習環境を促進したいと考えています。ABC社では最近、大規模なアプリケーション障害が発生しましたが、アプリケーションサービスを復旧することができました。

非難なきポストモーテム(事後検証)ミーティングで完了しなければならない最初のタスクは何ですか? BR>

Question

30  of 40
本番環境の失敗を投入してレジリエンスを生み出す際に必要なことは何ですか?

Question

31  of 40
ゲーム・デーを実施する計画の最初の段階はどれですか?

Question

32  of 40
非機能要件の例はどれですか?

Question

33  of 40
再利用可能なオペレーション・ユーザー・ストーリーを適切に作成するために実行すべき行動はどれですか?

Question

34  of 40
以下の要素を検討してください。
  1. 変更要求
  2. デプロイメント・パイプライン・ツール
  3. コンパイルされた実行可能なプログラム
  4. チュートリアルおよび規格
通常、共有された単一のソースコード・リポジトリーに格納される2つの要素はどれとどれですか?

Question

35  of 40
ローカル(局所的)な発見をグローバル(全体)な改善に変換することの目標は何ですか?

Question

36  of 40
開発者は、アプリケーションと環境におけるロギングと暗号化に関する基準を、どのエンジニアでも正しく作成して使用できるように支援します。

この行動に役立つ共有ソースコード・リポジトリーの項目ではないのはどれですか?

Question

37  of 40
開発者がコードを導入する際に不正アクセスを可能にしてしまうリスクが常に存在します。

このリスクを軽減しないコントロールはどれですか?

Question

38  of 40
アプリケーションでの遠隔計測作成の例はどれですか?

Question

39  of 40
オペレーション(運用)とセキュリティのリスクを軽減し、また、コンプライアンス要件をサポートする一次コントロールとして作用するのはどのプロセスですか?

Question

40  of 40
職務管理の分割を導入する際の欠点はどれですか?