Questionmark Perception
6 月 18 2021 |
ログイン ユーザー : candidate
フォントサイズの変更

紹介

はじめに

これは EXIN Agile Business Professional (ABP.JP) のサンプル試験です。この試験はEXIN試験の規則および規定を適用します。

本試験は選択式の問題が30 問で構成されます。各問題には、選択肢が複数ありますが、そのうち正解は1つのみです。

この試験で取得できる最大点数は30点です。各正解には1点の価値があります。試験に合格するには20点以上が必要です。

本試験の制限時間は90分です。

ご健闘をお祈りいたします。





Copyright © EXIN Holding B.V. 2021. All rights reserved.
EXIN® is a registered trademark.

クエスチョン

1  / 30
アジャイルチームにとって望ましい行動ではないのはどれですか?

クエスチョン

2  / 30
エレニはマネージャーです。昨今、ビジネスの世界は急激に変化していることから、エレニはアジャイルに強い関心を寄せており、アジャイルになるためには現在の働き方をどう変えればよいかを自問自答しています。

そして、頭に浮かんだのは、ビジネスのマインドセットの一部を変えてくれるかもしれない次の質問でした。

仕事をする上で、私たちは常に何を目指すべきなのか?

この質問は、アジャイルマインドセットのどの要素に対応しているでしょうか?

クエスチョン

3  / 30
あるチームは、計画した作業ができないことにいら立ちを感じています。数回のイテレーションの間に調査とデータ収集を行った結果、以下のことが判明しました。

- チームの実際の作業の約40%が計画外のもの
- 計画外や急な依頼はすべて上層部からの依頼
- 上層部はまた、計画された作業が当初の期限内に完了することを期待している

この場合、チームはどうすれば継続的改善を用いて前進できるのでしょうか?

クエスチョン

4  / 30
3回の連続した日次ミーティングにおいて、同じ障害が確認されています。第三者への依存が存在しており、チームの様々なタスクの進行が妨げられています。「障害を除去する」というタスクの責任を担っている人がいないため、まだ誰もこの問題に対処していません。

チームは今のところ作業を続けることができていますが、当該の第三者からのインプットがすぐに必要になりそうです。そのため、作業が計画通りに進まず、今回のイテレーションの目標が達成されない可能性があります。

チームは、現在のイテレーションがそれでも成功裏に終了したことを確認したいと考えています。また、将来的に同じシナリオが繰り返されないようにしなければならないと感じています。

このチームにとって最善の行動は何ですか?

クエスチョン

5  / 30
ララとエリックは、自分たちの組織へのアジャイル導入について議論しています。彼らは、新しいプロセスや他の戦術をどのように決定するかについて意見が分かれています。

エリックは、すでにアジャイルトランスフォーメーションを成功させている別の組織(直接の競争相手)から新しいプロセスと戦術を真似するべきだと言っています。

ララは、まず組織が独自の新しい価値観を確立し、アジャイルの原則を取り入れてから、その作業に基づいてプロセスと戦術を構築するべきだと提案しています。

正しいのはどちらで、その理由は何ですか?

クエスチョン

6  / 30
ある大規模な診療所が、医療支援チームの設立を検討しています。これらのチームは、受付、理学療法士、一般開業医、精神科医が参加する機能横断型のチームになる予定です。

経営陣は、新しい医療支援チームに合わせて人材を再編成しました。各チームが一緒に座れるスペースを建物内作り、カンバンボードを導入し、毎朝ミーティングを開いてタスクの進捗状況を話し合うことにしました。

この突然の変化にチームは圧倒され、迷いを感じながらも、患者には優れたケアを提供し続けています。

この組織のアジャイル導入は、優れたアジャイルマインドセットを証明していると言えますか?

クエスチョン

7  / 30
XYZ社は、大手自動車部品メーカー兼サプライヤーであり、アジャイルへの移行を希望しています。CEOは、作業を迅速に完了させる方法を提供してくれるアジャイルは会社にとって有益だと感じています。また、アジャイルでは、会社の全領域に同じプロセスとプラクティスを適用することによってコストを削減できるともCEOは主張しています。

XYZ社は現在、アジャイルへの移行を開始するための準備が整っているでしょうか?

クエスチョン

8  / 30
ABC社のITチームは、アジャイルな働き方への移行に成功しました。チームメンバーの一人は、マーケティングチームもアジャイルに移行するよう説得を試みています。

マーケティング担当者の中には非常に熱心な人もいますが、アジャイルはITの領域だと考え、アジャイルな働き方はマーケティングチームに適合しないと思っているため、躊躇している人もいます。

このマーケティングチームにもアジャイルが役立つ可能性があるのは、どのような理由からですか?

クエスチョン

9  / 30
ある会社が、小規模ではあっても野心的なアジャイル実験を行うことにしました。この実験では、チームの全作業はカバーされません。チームのメンバーは、アジャイル実験と現在の仕事のやり方を定期的に切り替えることになります。チームでは、実験用に非常に視覚的な計画ボードを使用することになります。

このアジャイル実験に対するリスクのうち、チームが警戒すべきものはどれですか?

クエスチョン

10  / 30
あるチームは多くの作業項目に同時に取り組みますが、個々のチームメンバーが一度に作業できる項目の数に制限を設けています。

このプラクティスによって、どのように開発時間は短縮され、品質は向上しますか?

クエスチョン

11  / 30
組織におけるアジャイルマインドセットの重要な部分とは何ですか?

クエスチョン

12  / 30
あるチームがアジャイルの実験をしており、3列のシンプルな計画ボードを使用することにしました。

作業を可視化する目的は何ですか?

クエスチョン

13  / 30
ある組織では、専門分野を同じくする者同士でチームを編成しています。

この方法は妥当でしょうか?

クエスチョン

14  / 30
法務チームは、組織のさまざまな部門からの要求の多さに困惑しています。締め切りが変更され続けるため、法務チームは継続的に仕事の優先順位を変更しなければなりません。彼らは仕事のやり方を改善したいと考えていますが、仕事の正確さを維持する必要があります。

このチームはアジャイルな働き方の恩恵を受けることができるでしょうか?

クエスチョン

15  / 30
あるキャットフード工場は、アジャイルの実験に成功しました。マーケティングチームがこの出来事に関連したブログを作成し、Webサイトに掲載しました。この会社は今、マーケティングチームに対して、ソーシャルメディア周りの日常業務の管理にまでアジャイル実験を拡張することを望んでいます。つまり、チームに別の仕事を引き受けてもらうことで、アジャイル実験が拡張されるということです。

このシナリオでの課題は何でしょうか?

クエスチョン

16  / 30
Bricks & Mortar社は、目標と成果指標(OKR)の導入を決定しました。他の多くの組織と同様に、同社では設定目標を達成できないことがたびたびあります。その主な理由の1つが、設定した目標に関連する成果を測定する客観的な方法がないことだと同社は気付きました。

Bricks & Mortar社では、戦略的意図と全体目標を一連の目的に置き換えることは容易でしたが、設定した各目標について、どの成果指標(KR)を使用すべきかについて合意するのは非常に難しいことがわかりました。

早急に合意に達するためにはどうすればよいでしょうか?

クエスチョン

17  / 30
組織がアジャイルを用いるのは、変化するニーズへの対応が可能になるからです。ソリューションの一部を開発している間に、新しい要件が特定されることがしばしばあります。その場合、完了済みの作業に変更を加える必要があります。

新しい要求が出てきた際に、完了している作業の変更を処理するための最善の方法は何でしょうか?

クエスチョン

18  / 30
エミリアは、データ分析ソフトウェア会社のマネージャーです。彼女は自身の組織へのアジャイル導入に成功しました。

ビルは建設会社のマネージャーで、アジャイルを導入したいと考えています。彼は自身のチームにアジャイルの働き方を導入しようとしています。ビルは、自身のチームにエミリアの経験から学んでほしいと考えており、エミリアに入門ワークショップの開催を依頼しました。

ビルは自身のチームに、エミリアのチームのプラクティスをできるだけ忠実にコピーするように指示しました。ビルのチームはワークショップの後、アジャイルの実験を任されました。数週間後、ビルのチームはアジャイルプラクティスを採用することについて疑問を口にするようになりました。この新しい働き方では、チームが期待していた結果が得られていないからです。

ビルはどうするべきだったのでしょうか?

クエスチョン

19  / 30
ABC社は最近、アジャイルな働き方への取り組みを開始しました。ABC社では、異なるチームが同じリソースを共有することが多く、カンバンボードを使って視覚的にプロジェクトを管理しようとしています。チームは、現在のプロジェクト管理ソフトウェアを最新の状態に保つことが苦手です。

また、各チームに仕掛(WiP)に関する情報を視覚的に提供しながら、上位プロジェクトに関わる全チームの全体的な進捗状況と主な依存関係を表示する方法を見つけるのが容易ではありません。

この問題に対する最善の解決策はどれですか?

クエスチョン

20  / 30
短い実験の後、あるチームがアジャイルの導入に疑問を呈しています。チームは以前のプロセスをうまく踏襲していましたが、現在は未知の領域で苦戦しています。彼らは、この変更を失敗または誤った考えだとして拒否するという自然な反応を見せています。

チームは、アジャイルを規範的プロセスの集合として見ています。また、以前のように作業に自由度がなく、新しい方法は生産的ではないと感じています。

次回のチームミーティングでは、何に注意を払うべきでしょうか?

クエスチョン

21  / 30
どのようなアジャイルの適用環境であっても、数多くの問題が発生する可能性があります。その例として、アジャイルでの作業を開始してしばらく経つと、文化的な揺り戻しが発生します。

文化的な揺り戻しのような落とし穴を避けるための最善のアプローチはどれですか?

クエスチョン

22  / 30
カスタムのサーフィンギアを専門とする小規模企業が、アジャイル実験を始めるための作業原則を作成しています。

この会社は顧客満足度を最も重視しており、顧客がこの作業の一部を見たら考えを変える可能性があることに気付いています。顧客からのフィードバックを頻繁に受け取りたいと考えているのは、変更のコストを低く抑えるためです。同社は、トレーニングを受けた専門家は、最初に何をどのようにすべきかを決定できるべきだと強く信じています。

会社の規模が小さいため、リソースは限られており、マネージャーは数名しかいません。各マネージャーが複数のチームを管理しています。

この会社の行動原則として最もふさわしいのはどれですか?

クエスチョン

23  / 30
アジャイルチームにとって、コラボレーションが重要である理由は何ですか?

クエスチョン

24  / 30
ZEBRA社ではいくつかのアジャイルチームが結成され、かなり前からチームとして活動してきています。経営陣は、チームの状況を測定し、最も苦戦しているチームに追加でサポートを提供したいと考えています。

チームのパフォーマンスを測定するための最善のアプローチはどれでしょうか?

クエスチョン

25  / 30
アジャイルチームはどのようにして価値ある1つの成果に焦点を当てるべきですか?

クエスチョン

26  / 30
アジャイルへの取り組みやイテレーションに異なるスキルを持つ人材を最初から恒久的に割り当てる余裕がある組織は、ごくわずかです。小規模な企業では、一個流しの作業にリソースを集中させることができない場合があります。これは、特定の組織でアジャイルが成功しない理由として頻繫に挙げらる問題です。

専用のリソースがなくても、パイロットプロジェクトを立ち上げる方法はあるでしょうか?

クエスチョン

27  / 30
サーバントリーダーは、効果的であり続けるために、成長し続け、継続的に行動を改善しなければなりません。サーバントリーダーの言動は、意図しているかどうかにかかわらず、自らが働く組織の文化に影響を与えます。

サーバントリーダーの成長を最も促す特性はどれですか?

クエスチョン

28  / 30
計画していた仕事よりも優先される緊急の依頼にチームが悩まされています。

緊急の依頼に対処する最善の方法はどれですか?

クエスチョン

29  / 30
CBA社は、初めてのアジャイル実験に取り組んでいます。指名されたチームは、取締役会と一緒にCBA社の価値観、信念、制約を決定しました。

チームは計画ボードを作成し、それがうまく機能していると感じています。また、最初のいくつかのタスクを小さな成果物に分解しました。

成果のリストをまとめ、最初のタスクに非常に熱心に取り組み始めました。最初のタスクに取り組み始めると、チームは少しコントロール不能になっていると感じ始めました。どのタスクが最も重要で、最初に実行すべきかについて合意に達することができません。

最初のワークフローを設定する際、チームはコントロールを取り戻すためにどの質問をするべきでしょうか?

クエスチョン

30  / 30
アジャイルに移行してから最初の数か月間、新しいチームが新しいワークフローを理解する上で重要な要素は可視化です。

その理由は何でしょうか?